健康診断で刺青がある事をバレないようにするには

健康診断で刺青がある事をバレないようにするには

健康診断で刺青がある事をバレないようにするには

世界各国において刺青をしている人は多くいらっしゃいます。好きなアーティストが彫っているから同じデザインの物とか自分を象徴するデザインとかまた文化によっては宗教上の意味合いにて彫っている人などさまざまです。

 

海外では、刺青を彫っていても仕事上には影響の無い国もあります。米国えは警察官やFBI捜査官なども彫っており社会的にも認められております。

 

しかし、日本では刺青を彫っているだけで暴力団や遊び人といった観念で観られてしまう事が多いです。その為、会社には内緒で彫っている方も多く存在しております。普段肌を見せる事無く服を着ていればバレずに済みますが、年1回の社内規定で隠していた刺青が他の社員に観られてしまうケースがあります。それは健康診断です。

 

どこの企業えも社員に対して年1回の健康診断を受けさせる義務があり、これを拒む事は社内規定に反するとみなされ処分の対象となる恐れがあります。

 

しかし、刺青を彫ってある事が会社にとって不利益とみなされる場合も処分の対象になる可能性が考えられます。
そこで健康診断時において刺青を隠す方法を掲載していきます。
まず、健康診断当日に欠勤する事です。

 

病気等にて欠勤し、後日受ける事です。そうすれば少なくても社内の人間に観られる事はありません。ただ、後日の場合は自己負担にて受けなければならない事もあります。
次に他の社員と時間をズラす事です。

 

大概の企業は病院や検診センター等にて全員が集まり実施するかと思われますが、規模が大きい企業だと社内に健康診断を行うスペースを設ける事が多いそうです。

 

多くの人は仕事開始前に済ませたり昼休憩時に受ける事が多くなっているので、他の人がほとんど受け終わった最後の辺りで受ける事で観られる危険性を軽減出来るものと思われます。

 

次にボディーカバーファンデーションを塗る事です。
主な使い用途は傷や火傷跡を隠す為の物となっていますが、分厚く塗る事で刺青も隠せられる事が可能となります。しかし、分厚く塗ってしまうと地肌と違い過ぎて逆にバレる恐れも出てきます。

 

刺青を彫る事が悪い事ではないですが、日本ではまだまだ理解されていないので彫っている事を隠すのは大変な事と思われます。より多くの方の理解が必要となってきます。

 

パーソナルジム 比較


ホーム RSS購読 サイトマップ